FC2ブログ

20190426(金)夜~0501(水) 残雪の八ヶ岳キレット&白馬岳

190426(金)夜~0501(水) 残雪の八ヶ岳キレット&白馬岳

計画では
八ヶ岳···観音平~赤岳~渋の湯
白馬···猿倉~白馬岳~栂池
だったけど天候不良、体調不良、トレーニング不足で断念。
平成~令和越しは白馬岳山荘で。

【記録】
◼190426(金)夜
850自宅=(マイカー)⇒2050小牧JCT⇒2340阿智PA55⇒050諏訪南IC⇒120道の駅信州鶯木宿200就寝
(感想など)
WiFi使えるよい道の駅。

◼190427(土) 晴れのち吹雪
500起床・535発→610観音平635→655衣類調節700→720雲海→755押手川805→アイゼン装着→955編笠山1015→1025ワカン装着35→1105青年小屋・アイゼン装着20→1200のろし場→1340権現小屋・1900就寝
(感想など)
編笠山の登りで早速心が折れそうに。以前5月3週目に行ったときは楽々だったのに少し早いだけで雪の量が全然違う。
一昨日昨日で新雪たくさん。編笠~青年小屋の下りで埋もれるので嫌になってワカンにするも青年小屋でやっぱりアイゼンに付け替え。
権現岳手前から狙ったように天候悪化し吹雪の中岩場を登る。とっても緊張。
素泊まり5500円、今シーズン初の客となった。小屋番2年目らしいが延々と宗教の話に付き合う羽目に、疲れた。あとはひたすらスマホ。コンセントなし。ストーブはコタツ用なので小屋内常に寒い。
布団2階だが小屋の隙間から雪が吹き込んできて布団濡れる。荷物も全て布団の中へ退避。自分もコタツで寝たかった.......。
朝は雪で扉あかなかったので雪かき。5時半でも起きる気配なし。朝はポットも用意なし。出発前までコタツから出てこない。いっそ避難小屋の方がないものはないでわかってるし伸び伸びできるしでよかったなぁ。もう二度と行かないかな。

◼190428(日) 快晴のち曇り
430起床・600発→権現岳→810キレット小屋30→930ルンゼ上40→1040文三郎道分岐55→1125赤岳40→1245行者小屋1305→1455美濃戸山荘1505→1535美濃戸口
美濃戸口1620=(バス1000円)⇒茅野
茅野1728=(JR)⇒1758小淵沢=(タクシー3430円)⇒1820観音平30=(マイカー)⇒1850延命の湯 820円
延命の湯2000⇒2005小淵沢IC⇒2115安曇野IC⇒2250八方尾根P2・030就寝
(感想など)
文三郎尾根を降りてきたところで、行者小屋方面から来た布製運動靴の大学生集団(コンビニ袋を下げている)に遭遇。驚きすぎて雪踏み抜いてしまったら「大丈夫ですか?」と声かけられた。自分は大丈夫だが君たちが大丈夫じゃないと思う…昼間はよくても夜、足とっても冷たいと思うんだな。


◼190429(月) 快晴のち吹雪
530起床・八方BT710=(バス930円)⇒735猿倉
猿倉750→910白馬尻925→1030 h1950 1045→1220避難小屋h2450→1355白馬山荘1430→1500白馬岳05→1515白馬山荘・2000就寝
(感想など)
陰一つなく逃げ場のない炎天下の腐り雪を延々と登る修行。日焼けが熱すぎて雪を掘って顔や首に当てたり食したりなど。
大雪渓上部まできた頃には天気は下り坂に。稜線はガスに。避難小屋の横を通らず右よりに直登すれば白馬岳山荘まで近い。
素泊7000円。部屋寒い・コンセントなし・布団薄い、自炊場にストーブあり談話室にもあり、乾燥室あり、水は自炊場のをタダでもらえる、談話室はお茶とお湯無料。4G圏内だが多少不安定。
白馬岳山頂で、栂池から来たパーティーと遭遇。ギア類持っていたので聞くと、山頂直下が腐り雪の壁になっていてロープ出したとのこと。これ下りは突破できるのか?朝ならあるいは.......。

◼190430(火) 積雪、吹雪、風強し
430起床・830停滞決定・1955就寝
(感想など)
令和登山で登ってくる人少々。

◼190501(水) 風あり、視界不良
430起床・600発→800白馬尻→845猿倉
猿倉1015=(バス930円)⇒1045八方バスターミナル
八方バスターミナル1100=(マイカー)⇒1205糸魚川IC⇒敦賀IC⇒1620京都
(感想など)
稜線風強し、視界不良。栂池方面の登山者もおらず撤退。稜線上で唐松からきたパーティー(学生?)と遭遇。不帰キレット越えてきたとは驚き。
稜線から離れると風と視界が一気にましになる。暑いくらい。相変わらず雪は腐っていた。猿倉でバス待ちの間に続々と各パーティー下山、春は天気で計画左右されますよねーとしみじみ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: 登山 | ジャンル: スポーツ
20190504(土)夜~0505(日) シーズンラストの笈ヶ岳 | Home | 20190301(金)夜~0302(土) 鉢盛山(野麦峠スキー場往復)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する